きもの日和

着物の着こなしなど。きものにまつわるあれこれのブログ。

4月〜5月の着物の悩み。長襦袢の選び方で快適に過ごせます。

着物は5月まで冬と同じ袷とよばれる着物を着ますが、最近では4月から5月の時期は、日によってはかなり気温も高くなり、汗ばむ日も多くなります。
この時期は、さすがに単衣の着物を着る訳にもいかず、着物の暑さ対策にお悩みの方は多いのではないでしょうか。

続きを読む

3月にあわせる季節感のある帯締め

3月は桜の開花が待ち遠しい時期です。着物を着るのも楽しくなりますね。
季節を先取りしながら、帯揚げや帯締めなどの小物にワンポイントで、色を取り入れると季節感を楽しめます。

続きを読む

桜の季節の着物は小物で楽しみましょう。

桜の季節が近づくと、着物の小物あわせも楽しみが増えます。なんといっても桜の和装小物は、豊富に揃っていますので、桜モチーフを集めていらっしゃる方も多いと思います。そこで、着物に取り入れたい桜モチーフの定番小物をご紹介します。 

続きを読む

着物にあわせる桜の帯は、満開の前に先取りで着こなす。

着物を着始めの頃は、桜の花が咲く頃に、桜の帯をコーディネートしたくなりますね。着季節感があってぴったりなのでは?と思ってしまうのではないでしょうか。

桜柄は、年中使われる定番の花柄としても人気ですが、帯や着物に桜柄を取り入れる時は、少し注意が必要です。

f:id:puchimi:20160225001817j:plain

着物は季節を先取りすると言われますので、桜の咲く前に桜柄はとても喜ばれますが、桜が満開になるとあくまで桜の花が主役なので、本物の桜よりも目立ってはダメ。桜と桜は野暮ったい。などいろんな解釈があります。「桜の帯は三分咲きまで。」と言われているなど、桜が満開の頃になると桜の帯は、着ていく場所を選んだ方が良いです。

kimono.hatenablog.jp

桜柄がまったくダメかというとそうでもなく、着物に着慣れてくるとまたいろいろあり、やっぱり桜の季節に桜の帯を楽しみたいという方はたくさんいらっしゃいます。

夜桜柄の帯や枝垂桜の帯は満開になっても大丈夫だとか、帯の絵柄や時期、場所によっても感じ方が異なってくるものです。着物を着ていく場所に、どの程度桜が咲いていて目的がお花見なのかどうか?が重要です。

お花見でもなく、桜も見られない場所であれば、逆に桜の帯は喜ばれるでしょう。
TPOをよく考えて、桜の帯を楽しめると良いのではないでしょうか。

お花見を着物で楽しむ場合は、無地に近い帯や格子柄などの帯に、桜の帯留めや帯揚などの小さな小物に桜柄をもってきた方がお洒落感がでます。桜色の小物をあわせるだけでも季節感を楽しめます。

また、織帯の桜柄と染め帯の桜の絵柄では、異なる意味合いになります。織帯の場合は、比較的季節を問わない織模様ですが、染め帯の桜柄の場合は、ある程度季節が限定されている帯がほとんどではないかと思います。

染め帯の場合は、桜に限らず帯の絵柄をよく確認してあわせる時期を選ぶことをおすすめします。

帯を買い求めた際に、この帯はどういう時期にあわせられるか柄の意味など、ほとんどの場合は、購入したお店で教えていただけると思いますが、譲っていただいたものやネットで買ったりする場合は、わからない事もあると思います。そういう時には、出来るだけ着物に詳しい人に見てもらうことが一番です。

またお店で買った場合でも、一年中大丈夫ですよ。とアドバイスされた帯が季節限定の柄だったり、着ていく場所によっては、おかしな柄だったりということはよくあります。

自分が持っている帯がどういう意味合いの絵柄なのか、事前に知っておくと失敗することもなく、安心してあわせることが出来ます。

訪問着や色留袖などフォーマルな着物は、着付師に任せる方がおすすめな3つの理由。

年末年始や 春、秋の季節は、フォーマルシーンで着物を着る機会も多いと思います。一番多いのが披露宴、お祝い事で着用する訪問着や色留袖だと思いますが、フォーマルでの着物の着付けは、ふだん自分で着付けが出来て着慣れている方も、出来ればプロの着付けを試されることをおすすめします。

続きを読む

3月に着る着物

3月は草木も芽吹き、少しずつ春らしい陽気を感じる季節になります。着物を着る機会が増えるお花見のシーズンでもあります。

着物は季節を先取りしますので、地域によって異なりますが、桜にちなんだ季節柄の着物や帯を取り入れるのは、3月上旬くらいまでを目安にすると良いと思います。

桜柄は1年中使えるとすすめられる場合もありますが、帯のお太鼓柄や桜柄のみの着物の着用は、限られた時期と考えた方が良いでしょう。
桜が散り始める頃から、春を思わせる色や季節柄を取り入れます。

 

代表的な菜の花。

f:id:puchimi:20160216220248j:plain

 

花にとまる蝶。

f:id:puchimi:20160216220316j:plain

 

 

ミツバチは春先から初夏まで、比較的長いシーズン使える季節柄です。

刺繍などでワンポイントに取り入れても可愛いですね。

f:id:puchimi:20160216222909j:plain

 

春を思わせるカラーとして、黄色、黄緑、鶸色、薄緑はポイントになります。ベーシックカラーの着物に、帯締め帯揚げを入れるだけでも、春らしい装いになります。

洋服ではピンク系が春のイメージですが、着物の場合はピンクは梅や桃、桜を思わせる色で、どちらかといえば1月〜3月上旬に季節の色として好まれます。

(お好みにもよりますので、ご参考までに。)f:id:puchimi:20160216223114j:plain

 

明るい色合いの黄八丈や紅花紬をお召しの方が多くなるのも、この頃からです。帯や小物で春色を取り入れてみるのも素敵だと思います。

 

ノーブランド品 帯締め 70020日本製 正絹帯〆 伊賀組紐 ゆるぎ組 冠組み 単色 3 薄緑

 

一番取り入れやすいのは、帯締め帯揚げ。黄色系は色によっては、秋も使える色がたくさんありますので、お好きな色を持っておくと重宝します。